スポンサーリンク

【財政金融政策】強制MMTで沈黙するカナリア 衰える市場機能 [エリオット★]

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

1 :へっぽこ立て子@エリオット ★:2020/10/19(月) 15:32:14.94 ID:CAP_USER.net
国際通貨基金(IMF)が14日に発表した財政報告には、ちょっとしたサプライズがあった。

世界全体で政府債務が国内総生産(GDP)に匹敵する規模まで膨張する予測自体は意外感はない。驚きだったのは、新型コロナウイルスへの対応を巡り「積極的に財政政策を活用すべき」としたうえで「低金利の恩恵で高水準の債務残高は当面はリスクにならない」と明言したことだ。15日にはゲオルギエバ専務理事が「企業や家計への支援を拙速に遮断するべきではないというのが我々の大きなメッセージだ」と踏み込んだ。

IMFは従来、経済・金融危機の後始末について、各国に「早急な緊縮が必要」と迫るのが常だった。「最強の番人」のお墨付きは、世界経済に事実上、MMT(現代貨幣理論)が適用されつつあるという見立てに説得力を与える。

自国通貨建ての国債は債務不履行のリスクはなく、インフレが脅威になるまでは財政支出を拡大できるし、そうするべきだ――。これがMMTの主張のひとつだ。懐疑論をよそに、中央銀行とタッグを組んで巨額の財政支出を賄う姿はMMTの壮大な社会実験の様相を呈している。

コロナ禍が招き寄せた「強制MMT」。その余波は当然、金融・資本市場にも及ぶ。真っ先に大波をかぶるのは債券市場だ。

米国では長期金利の指標の10年物国債利回りが4月以降、0.7%前後の狭いレンジにほぼ押し込められ、月末値ベースの金利変動幅は平均0.06%程度と「コロナ前」の3分の1程度に縮小した。すでに長期金利を操作するイールドカーブ・コントロール(YCC)を導入済みの日本でも、金利変動が一段と乏しくなっている。

米連邦準備理事会(FRB)の要人からは「市場からデュレーションを取り去ることも可能だ」との発言も漏れてくる。債券の期間が長いほどさまざまなリスクを織り込んで利回りが高くなるのが市場の力学。これを封殺する発想は、やはりMMTに近い。MMTの旗手、ニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授は近著「財政赤字の神話」で「(国債の)金利は常に政策判断で決まる」と言い切っている。

市場からダイナミズムを奪えば、金利動向から物価や景気の先行きや財政リスクを読み取るのは困難になる。長年、債券市場をウオッチしてきた岡三証券の高田創氏は「日本国債が『生体反応』を失って久しい。クレジット市場もその後を追うだろう」と話す。

「企業の分析なんて、やるだけ無駄。クレジット投資は『安くなったら黙って買いましょう』ぐらいしか言うことはない」。あるベテラン市場関係者はあきらめ顔だ。「証券化商品も低格付け債もバブルの域に入っているが、コロナ対応の疑似MMTと金融社会主義的な政策で、今の構図はそうそう崩れそうもない」と嘆く。実際、国内社債のスプレッド(上乗せ金利)は「コロナ前」の水準を回復。海外の低格付け債もデフォルト率の上昇に逆行するようにスプレッドが縮小傾向にある。

国債からクレジットへ「強制MMT」の波が広がり、金融市場の「見えざる手」の力は衰える。クレジット市場は、08年の金融危機を含め、過去には異変をいち早く告げる「炭鉱のカナリア」として機能してきた。そのシグナルが弱まれば、危機の火種を探知するのは難しくなる。

債券ほど官製相場のグリップはきつくないが、カネ余り主導で進む株高にも同様の危うさが漂う。米著名投資家のハワード・マークス氏は「政策効果が支配的になりすぎて、『良い企業かどうか』という問いがかき消されてしまっている」と警鐘を鳴らしている。

今の苦境を乗り切るにはMMTに近い政策しか選択肢はない。その影が「見えざる手」が覆えば、資源配分とマネーの流れがゆがみ、成長の鈍化や局所的なバブルを招く懸念が強まる。コロナは市場経済の心臓部にとっても深刻な脅威になりつつある。

2020/10/19 13:45
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65106390W0A011C2000000/

52 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:26:36.50 ID:zRZFfGK7.net

>>47
それ違うと思うよ
先進国でこの20年実質GDPの伸び率1%そこそこなのは日本だけ
軽自動車が売れまくってウサギ小屋に住んでて官民のICT化も出遅れてるじゃん

75 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 07:22:23.30 ID:PnzFPhXb.net

>>74
NO
信用創造という方法で金を用意する

100 :名刺は切らしておりまして:2020/10/21(水) 21:20:53.40 ID:bbKY+PGA.net

高度成長経済が終焉した第一次オイルショック後の日本経済の殊に内需については、官需依存という慢性的な一面がある。

高度成長期の太平洋ベルト地帯への投資が産業政策的見地から行われていたのに対して、田中角栄の列島改造政策は「国土の均衡ある発展」を目的として社会政策的な色彩を帯びていた。

14 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 16:40:39.28 ID:CpCfAHGL.net

>>11

全世界の政府・企業・家計の債務残高の総計が増えること=債権及び各種純資産の残高も増=経済成長

ではなかろうかの?
無論、資産額のバブった部分が恐慌要因となる訳で Invisible Hand() の起動条件が当に不可視だから日経もこういう歯切れ悪い記事流す訳で…

最近日本では話題にならないトマピケティは確か「戦争や災厄に伴う富の再分配」とか説いてた記憶がある。

10 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 16:26:21.59 ID:rjSDjxcO.net

財政破綻はしなかった
そして日本人はだれもいなくなった

おわり

74 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 07:15:41.87 ID:NS3JaLUL.net

>>57
> 政府が発行した国債を国内金融機関に買い取らせて
>それを中央銀行が引き受ける

その金融機関って銀行でしょ?国民の貯金が市況に流れてるってこと?

43 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:16:23.55 ID:1qtSmV9u.net

逆じゃないですかね
MMTは過度なインフレに注意して需要を喚起することができる
インフレてのは貨幣の価値下落つまり物質、供給力労働力不足だから
労働力の価値上昇

26 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 18:53:07.03 ID:SWUMqH7P.net

貧民どもの錬金術であるMMT

安倍ちんのミクスで貧民どもには効果がないことがすでに実証済WWWWWWW

80 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 08:00:28.54 ID:7uL1s4VC.net

財政ファイナンスせずに普通に
国債発行→ばら撒き
だと景気底上げ効果が数ヶ月しか続かない
これは実証されている
せっかく景気浮揚しても円高が起こるから輸出減で相殺されてしまう
言い方変えると為替を通じて富が外国へ流れ出てしまう

財政ファイナンスすれば通貨価値を毀損するから
円高→輸出減
これが起こらない
富が国内を還流する
だから財政ファイナンスならデフレを解消出来る

 

54 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:30:37.30 ID:zRZFfGK7.net

空き家だらけだよw

51 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:24:06.03 ID:KUHG0KCT.net

>49
金融緩和はMMTとは全くの別物だからそこから勉強しようね。

105 :名刺は切らしておりまして:2020/10/21(水) 22:51:11.62 ID:bbKY+PGA.net

自民党は小泉政権でそうした「都市側」の政策に全面転換することになり、これは郵政解散後の選挙で完成した。

政策としては、公共支出の抑制、外需企業の優遇、直接金融の活発化、で、自民党は「都市側」のお株を奪う形になって、政策対立軸はここで一旦大きな捻れを迎えることになる。

81 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 08:07:55.10 ID:7uL1s4VC.net

過去やった
国債発行→ばら撒き
は全部財政ファイナンス無しの国債発行だから
市中に買わせるわけで、つまり金を市中から吸い上げてしまう(金融緩和の逆)
また、通貨高→輸出減で増えた富が増えただけ国外に流れ出すから
結局国債発行残高がただ増えるだけで効果が限定的
これを何度も何度も繰り返したから
シャッキンガーの悲鳴が起こってしまった

本当は国債発行残高の増加なんてどうでもいいことなんだけどね
円建てなんだから国債か通貨かの違いでしかない
インフレが起こらない限り
通貨だろうが国債だろうが幾ら発行しても別に何も起こらない

ただ国債残高が増える一方、効果は全然ない、
これをしつこく繰り返したから破綻破綻と猿が意味も分からず騒いだ

これが今までの顛末

財政法を改正して、デフレのときは財政ファイナンス有りにして
国債発行→日銀直接引き受け→ばら撒き
やればよかっただけなんだよ実は

 

4 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 15:47:26.32 ID:s05Ii5Ok.net

結局MMTは革命を引き起こす燃料みたいなものだな
発火点まではうまくいったと言ってられる

19 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 17:09:03.22 ID:GpRKRqtl.net

コロナで借金気にせず金刷るしかなくなったもんな

92 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 17:56:44.16 ID:ycqgBona.net

疑似MMTとか言っているところに日経の往生際の悪さを感じる。
疑似はいらなくね?

5 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 16:07:41.72 ID:TLB4m7/w.net

新型コロナに感染すると肺が繊維化してしまうんだよ
本来風船のように収縮する肺がテニスボールのようになって息苦しさが続く
最悪なのは一度繊維化した肺はコロナが治った後ももう回復しないこと
自分がかかったり赤の他人に伝染すだけならともかく甘く見て出歩いてコロナ感染して
家族や恋人や友人に伝染して死なせたり一生残る後遺症を与えてしまったら耐えられないよ

42 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:16:01.88 ID:4jZkzFUR.net

もうどうやったらインフレが起こるのか専門家も分からなくなってるのだろうな。

おそらく先進国がある一定の文明水準をブレイクスルーしたことで、
パニックインフレが起こらなくなったんだと思う。

文明の進歩がハイパーインフレの脅威を知らぬ間に解決していたのだろうな。

46 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:17:18.93 ID:OE0Kv0FL.net

>>47
間違ってるのは↓の部分
>そのまま金融政策に援用しただけに過ぎん

社会主義的な面は否定しない

113 :名刺は切らしておりまして:2020/10/22(木) 22:28:57.63 ID:U0u8aF1L.net

>>107
>もともと土地が広くて外的制約が少なく、種を蒔いて、牛を放牧すれば、自身の労苦が100%自分の成果となる。

でもまあ、開拓民の土地を収奪して分配といった社会主義政策もしてきたけどね
おもにレーガン政権下で主張・施策されたサプライサイド政策は
70年代までの社会主義的分配政策による財政肥大と増税に対する反動だよ
とくに財政問題に対する処方だった
結果としては財政再建はできなかったし、産業空洞化に拍車がかかったけどね

118 :名刺は切らしておりまして:2020/10/22(木) 23:59:47.35 ID:A/z5JECC.net

むしゃ・・・
主張の方角が違うだけで藤巻と同類やで。

67 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 03:11:38.96 ID:0zjn7ZDg.net

>>62
国家主導のインフレ始まってるよ。
結構危うい

30 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 20:07:27.09 ID:Q6/z/VmG.net

オカルト好きな人やエコノミストなら、自分はもう生きていないとおぼろげに意識しながら地上を歩いているものを何と呼ぶのか知っている。

 そう、ゾンビである。

 各国の中央銀行が10年にわたって世界経済に流動性を押し込み続けた結果、ゾンビはかなり増えている。

 そして、そのゾンビ企業はひょっとしたら、実業界の「脳みそ」を食っているのかもしれない。

93 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 18:41:17.82 ID:KHEOxk2g.net

アメリカは中央銀行が政府にバラ撒きやれ。と言ってるよな。
国債引き受けて、債券安の利息高にしてインフレ狙うとか。

日本もそうだが、基軸通貨国の国債は他が先にバンバン引き受ける。
これがMMT。

45 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:17:08.76 ID:1qtSmV9u.net

>>43>>40

107 :名刺は切らしておりまして:2020/10/22(木) 06:21:49.10 ID:Cy42hSvO.net

アメリカの伝統的な経済観で、「粗放的なサプライサイダー」というのがある。

もともと土地が広くて外的制約が少なく、種を蒔いて、牛を放牧すれば、自身の労苦が100%自分の成果となる。

79 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 07:55:31.24 ID:7uL1s4VC.net

すまん
オレが混乱してるわ
書き直す

まずそもそもデフレ下では金融緩和は効かない
資金需要が無いのが問題なのに金利下げても仕方がない

それから国債発行は金融緩和の逆
市場から金を吸い上げて代わりに国債をばら撒くわけだから
これじゃ無くて、市場を仲介しない直接引き受けをして
それでばら撒きをやる
するとクラウディングアウト(金融緩和の逆、市中から金を吸い上げる)が起こらない

 

41 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:14:31.79 ID:OE0Kv0FL.net

>>40
こっちでもデマ流してるのな
>金融社会主義

91 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 15:01:49.69 ID:3eshEozt.net

>>24
ケインジアンなら、今さら同じ事言ってるだけだろってなるよな。

84 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 08:15:35.93 ID:EPpWKchb.net

コロナで企業業績落ち込んでるのに株高だからな
頭おかしいやつしか付き合えないだろ

56 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:33:07.20 ID:rbrDUsuL.net

>>50
>金融政策をやっても金融市場でお金がグルグル回るだけ

それはレーガン政権時代に結果が出ている
緩和マネーがおもに株式市場に吸収されて
製造業種での設備投資や間接金融が落ち込むという副作用も出て
生産部門の海外移転が生じる始末

こういう産業空洞化が進んだ状況で
大規模公共事業による一時的に雇用増加が進んだとしても
その際の国内消費が国内生産でまかなわれないのなら
所得増→消費増→設備投資増といった好循環にはつながらず
消費分が貿易支出に回ってGDPを押し下げる結果になる

ケインズ型の公共事業による景気の梃入れは
国内消費が国内生産によって賄われる閉鎖経済によって
もっとも効果を発揮する
つまり国際分業制の進んだグローバル環境下では効果が減殺される

38 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 22:26:00.61 ID:NLuBgpgC.net

>1
日経よく読む馬鹿になる

116 :名刺は切らしておりまして:2020/10/22(木) 22:34:29.19 ID:UTnHcC+6.net

財政規律()

98 :名刺は切らしておりまして:2020/10/21(水) 12:24:46.70 ID:RB5hLD3S.net

 

お前ら猿は

まず自分が猿であることを自覚しろ

話しはそれからだ

 

3 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 15:41:18.62 ID:dwCPbZ9K.net

財務省そっ閉じ

64 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 00:04:56.20 ID:BiKr0DaX.net

富士通やNECが役所関連の仕事ばかりするから全く世界に通用しなくなった例ね。

112 :名刺は切らしておりまして:2020/10/22(木) 22:21:50.84 ID:U0u8aF1L.net

>>103
>そうした官需経済体制に対して厳しい批判が浴びせかけられるようになった。

80年前後から始まる前川レポートや土光臨調の時代からだよ
政府支出を抑えてインフレを予防するというのが基本発想
福田赳夫の説く均衡財政と安定した発展もそれに近い
ただ、結果はプラザ合意による円高と
その対抗措置である為替介入による市場への供給量の増加
そしてリゾート法施行による開発ラッシュなどでバブルになった

政府が景気の後退局面に入板バブル末期に慌てて火消しに回ったのは
インフレ予防と安定的発展という自己信条に捉われていたからであり
その結果、資産デフレと長期停滞になったわけだな

自分たちを均衡財政墨守のイデオロギー集団とすら言い切る
旧大蔵省はもちろん自己都合でしか国民経済を捉えられない
財界人はバカだとおもう

インフレでなければデフレという二元論的思考しか取れないし
その結果、どういう事態になるのかすら予想できない

8 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 16:17:30.66 ID:e2pZK62y.net

日本はコロナ支援と言っても利権優先
下層に金を渡さないから、金が回らずデフレってる

62 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 00:00:05.24 ID:rM0AYM5J.net

思うんだがトリクルダウンなんぞないと公言された以上公共事業や雇用創出企業に金突っ込むより直接消費者に金ばらまくのが一番消費活性化するんじゃね
1000兆の国債残高あっても2%すらインフレ目標達成出来ないんだからもう1000兆ばらまいて漸くマイルドインフレになるって試算もあるらしいじゃん
それくらい円が行き渡ってないし搾取しれてきたことの証左じゃないの?現状は

35 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 21:36:04.93 ID:nPLcdZ9v.net

>>6
お金=限りある資源、っていう錯覚をしている人間が多いと
その錯覚を利用して人間を支配できるからね
日本のデフレにたかった有象無象もそれを理解してうまいこと利用している

竹中某みたいな人間をみて常々「なんでこいつはこんなことするんだ??」って疑問だったが
あれは単に人間を支配しているっていう幻想を味わうゲームをやりたいんだろう

貨幣も幻想なら支配も幻想
本物は何かってことになるな

7 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 16:12:07.49 ID:L9wxsl6a.net

デジタル通貨になったら電力インフラと発電用資源が貨幣流通量に制約かけるけどな。
電力本位制,あるいは,エネルギ本位制のような状況になる。

24 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 18:02:55.59 ID:2nrwKA63.net

皆さん誤解しとりますが
現状を説明したのがMMTで財政政策なんてもんは大昔からあります。

49 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 23:21:14.08 ID:rbrDUsuL.net

>>39
>とにかく行動を起こすことが第一に要求される非常時においては
>黙っているしか手がなくなる。

福島原発事故という大災害の後に
復興事業とオリンピック予算で公共事業行い
異次元金融緩和をやっているんですけどね

>コロナ禍が無ければMMTは何十年何百年も陽の目を見なかったかもしれない。

アベノミクスで公共事業と金融緩和はやっていますので
その結果、円安にぶれて貿易支出が増大すというおまけつき
しかし海外投資による債権収入がこの損失を補ったのに
MMT論者は海外投資よりも国内投資をといって
安倍を売国奴扱いして糾弾した

108 :名刺は切らしておりまして:2020/10/22(木) 06:33:18.82 ID:Cy42hSvO.net

ここに、政府は自身の労苦の上前をはねる「簒奪者」として現れてくる。あくまで国家とは、治安の維持、国防、福祉といった必要を満たすための存在であり、税金の支払いも、財政の支出ももっぱらそのための必要経費という観点で行われた。

77 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 07:29:00.05 ID:7uL1s4VC.net

政府が発行した国債を
日銀に直接引き受けさせる
デフレ下では市場を通したらダメ
金融緩和が効かなくなる
一旦市場にインフレ予想が出来ればもう普通の金融緩和でいい

95 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 19:03:55.20 ID:6i2SOdwA.net

アメリカは年間330兆円の赤字w
数年で日本の債務GDP比率越えるよ

120 :名刺は切らしておりまして:2020/10/23(金) 22:55:47.27 ID:otd70ePx.net

株屋はあの手この手を考える
株式市場への投資を高めたいのなら
株主への配当率を上げるだけで良いんだけどね

68 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 06:36:51.02 ID:7uL1s4VC.net

>>10

日本人が居なくなればそりゃ破綻だわね

72 :名刺は切らしておりまして:2020/10/20(火) 06:50:20.34 ID:7uL1s4VC.net

 

クソバカの猿が

日本をメチャクチャにしている

 

27 :名刺は切らしておりまして:2020/10/19(月) 19:17:36.67 ID:bvhhoDy3.net

モダン・マネタリー・セオリー

略して モマセ

コメント

タイトルとURLをコピーしました